Activity研究業績

著書

  • 田中寛之, 西川隆: 精神科臨床評価検査法マニュアル(改訂版) 心理・神経心理学的検査 記憶 エピソード記憶の評価法. 臨床精神医学, 39: 522-532 (2010). (分担)
  • 田中寛之: 全国より大集合!認知症ケアの工夫 一般病棟でもできる、認知症への環境設定 蛇口・食具の工夫. 認知症ケア最前線, 43: 69-70 (2014). (分担)
  • 田中寛之, 西川隆: 精神心理機能評価ハンドブック 山内俊雄, 鹿島晴夫編 重度認知症における認知機能検査 –SIB, SMMSE, SCIRS-. 中山書店 P447-450 (2015). (分担)
  • 田中寛之, 西川隆: 精神科臨床評価検査法マニュアル(第二版) 心理・神経心理学的検査 記憶エピソード記憶の評価法. 臨床精神医学, 39: 522-532 (2015). (分担)
  • 田中寛之, 田平隆行(編): evidence based で考える 認知症リハビリテーション 医学書院 (東京), 2019. (分担)
  • 田中寛之, 西川隆: 精神科臨床評価検査法マニュアル. 心理・神経心理学的検査 記憶エピソード記憶の評価法. 臨床精神医学, 39: 522-532 (2020). (分担)
  • 田中寛之: 認知機能障害を有する人との目標設定. 臨床作業療法NOVA, 6月号(作業療法と目標設定): (2020) (分担)
  • 田中寛之: 作業療法の特徴と留意点 軽度者, 中重度者に対する作業療法. 認知障害ケースブックp17-p26. メジカルビュー(2021)(分担)

学術論文

(1) 欧文

  • Tanaka H, Nagata Y, Uematsu M, Takebayashi T, Hanada K, Inokawa M, Fukuhara K, Ogawa Y, Haga D, Kakegawa Y, Nishikawa T: Development of Cognitive Test for Severe Dementia. Dementia and Geriatic Cognitive Disorder, 40(1-2), 94-106 (2015).
  • Fukuhara K, Ogawa Y, Tanaka H, Nagata Y, Nishida S, Haga D, Nishikawa T: Impaired Interpretation of Others Behavior is associated with difficulties in Recognizing Pragmatic Language in Patients with Schzophrenia. J Psycholinguist Res, 46(5): 1309-1318 (2017).
  • Nagata Y, Tanaka H, Ishimaru D, Fukuhara K, Ogawa Y, Nishikawa T: Development of the Japanese version of the Quality of Life in Late-Stage Dementia Scale. Psychogeriatrics, 18(2): 106-112 (2018).
  • Tanaka H, Nagata Y, Ishimaru D, Ogawa Y, Fukuhara K, Nishikawa T: Clinical Utility of the Cognitive Test for Severe Dementia: Factor Analysis, Minimal Detectable Change, and Longitudinal Changes. Dementia and Geriatic Cognitive Disorder Extra, 8(2): 214-225 (2018) .
  • Ogawa Y, Fukuhara K, Tanaka H, Nagata Y, Ishimaru D, Nishikawa T: Insight into Illness and Defense Styles in Schizophrenia. Journal of Nervous and Mental Disease, 207(10): 815-819 (2019).
  • Ishimaru D, Tanaka H, Nagata Y, Nishikawa T: Physical Activity in Severe Dementia is Associated with Agitation Rather than Cognitive Function" American Journal of Alzheimers Disease & Other Dementias, 1533317519871397.
  • Tanaka H, Nagata Y, Ishimaru D, Ogawa Y, Fukuhara K: Clinical factors associated with Activities of Daily Living and their decline in patients with severe and profound dementia. Psychogeriatrics, doi: 10.1111/psyg.12502. (2019).
  • Tamaru Y, Tanaka H, Ueda M, Sumino H, Imaoka M, Matsugi A, Nishikawa T, Naito Y: Effect pf Alzheimer’s disease severity on upper limb function. Psychogeriatrics, 20(5): 802-804, (2020).
  • Tanaka H, Nagata Y, Ishimaru D, Ogawa Y, Fukuhara K, Nishikawa T: Possibility of Cognitive improvement in Severe Dementia: A Case Series assessed by Cognitive Test for Severe Dementia. International Journal of gelontology, in press, (2020).
  • Ishimaru D, Tanaka H, Nagata Y, Fukuhara K, Ogawa Y, Takabatake S, Nishikawa T: Impact of disturbed rest-activity rhythms on activities of daily living in moderate and severe dementia patients. Alzheimer Disease & Associated Disorders an International Journal, inpress, (2020).
  • Leung S, Tanaka H, Kwok T: Development of Chinese Version of Quality of Life in Late-Stage Dementia and Cognitive test for Severe Dementia. Dementia and Geriatic Cognitive Disorder Extra, 10: 172-181, (2020).
  • Tanaka H, Umeda R, Shoumura Y, Kurogi T, Nagata Y, Ishimaru D, Tabira T, Yoshimitsu K, Ishi R, Nishikawa T: Development of an Assessment Scale for Engagement in Activities for Patients with Moderate to Severe dementia. Psychogeriatrics, inpress, (2021)
  • Yahara M, Kazuyuki N, Ueno K, Okamoto M, Okuda T, Tanaka H, Naito Y, Ishii R, Ueda M, Ito T. : Remote reminiscence using immersive virtual reality may be efficacious for reducing anxiety in patients with mild cognitive impairment even in COVID-19 pandemic: A case report. Biological and Pharmceutical Bulletin, 44(7): 1019-1023, (2021).
  • Ogawa Y, Fukuhara K, Urakawa M, Tanaka H, Nagata Y, Ishimaru D, Nishikawa T: Insight into illness and psychological defense attitudes in people with chronic schizophrenia using Markova’s Insight Scale. Journal of Nervous and Mental Disease, in press.
  • Nagata Y, Nishikawa T, Tanaka H, Ishimaru D, Ogawa Y, Fukuhara K, Shigenobu K, Ikeda M: Factors influencing the quality of life in patients with severe dementia. Psychogeriatrics, inpress. (2021)

(2) 邦文

  • 田中寛之, 小城遼太, 萩原瑠美, 内藤泰男, 日垣一男: 認知症重症度別の認知機能障害の特徴 – HDS-R, MMSEの下位検査項目通過率について−. 兵庫県作業療法機関紙, 1: 85-87 (2011) .(査読有り)
  • 田中寛之, 西川 隆: 重度認知症患者における行動心理学的症候と介護負担度の関連性. PT-OT-ST Channel Online Journal, 2 (2): A3 (2013). (査読無し)
  • 田中寛之, 植松正保, 永田優馬, 福原啓太, 内藤泰男, 大西久男, 西川 隆: 重度認知症者のための認知機能検査 Severe Cognitive Impairment Rating Scale 日本語版の臨床的有用性の検討. 老年精神医学雑誌, 24 (10): 1037-1046 (2013). (原著論文・査読有り)
  • 田中寛之, 植松正保, 小城遼太, 永田優馬, 福原啓太, 内藤泰男, 大西久男, 西川 隆: 認知症患者における認知機能、ADL、BPSDの関連性 重度認知症患者に着目して. 老年精神医学雑誌, 25 (3): 316-323(2014). (原著論文・査読有り)
  • 田中寛之, 山本祐子, 永田優馬, 小城遼太, 日垣一男, 西川 隆, 植松正保: ライフヒストリーカルテの作成 生活史を多職種で共有する意義. 老年精神医学雑誌, 25(7): 801-808 (2014). (総説・査読無し)
  • 永田優馬, 田中寛之, 石丸大貴, 福原啓太, 小川泰弘, 内藤泰男, 西川 隆: 重度認知症者に対する従来のQOL尺度の限界. 老年精神医学雑誌, 27(4): 429-437 (2016). (原著論文・査読有り)
  • 永田優馬, 田中寛之, 石丸大貴, 西川 隆: DSM-5からみた複合性注意の領域. 神経内科, 85(2): 182-187 (2016). (総説・査読無し)
  • 福原啓太, 田中寛之, 小川泰弘, 永田優馬, 田中宏明, 大西久男, 西川 隆: 統合失調症患者における語用論的言語(比喩・皮肉)の理解能力について. Journal of Rehabilitation and Health Sciences. 14: 15-25, (2016). (総説・査読あり)
  • 田丸佳希, 内藤泰男, 田中寛之, 永田優馬, 石丸大貴, 西川 隆: 健常成人における巧緻動作能力とPre-shapingの関連性 % 三指尖間面積の比較手法を用いて. 日本作業療法研究学会雑誌, 19(1): 21-25, (2016). (原著論文・査読有り)
  • 田中寛之, 永田優馬, 石丸大貴, 小城遼太, 西川 隆: 重度認知症患者の残存するADL評価における既存の尺度の限界. 作業療法, 36(1): 105-108, (2017). (短報・査読有り)
  • 田中寛之, 永田優馬, 石丸大貴, 西川 隆: 家族からのビデオレターによるSimulated Presence Therapyが言語的混乱行動を軽減させた認知症高齢者の一症例. 作業療法, 36(2): 223-229(2017)(実践報告・査読有り)
  • 石丸大貴, 田中寛之, 永田優馬, 西川 隆: 重度認知症におけるADLの変動性. 老年精神医学雑誌, 28(9): 1025-1030, 2017. (調査報告・査読有り)
  • 田中寛之, 永田優馬, 石丸大貴, 竹林 崇: 重度認知症者における評価法について. 臨床作業療法学会誌, 4(1): 76-86, (2017). (総説・査読無)
  • 田中寛之, 永田優馬, 石丸大貴, 西川 隆: 早食いに対する食具の工夫 〜食事形態と介助方法に拒否を示した全失語重度認知症患者の一例〜. 作業療法ジャーナル, 52(3): 279-283, (2018). (症例報告・査読有り)
  • 田中寛之, 永田優馬, 石丸大貴, 木本祥子, 長倉寿子: 認知症に対するパーソンセンタード ケアの理解度についての調査 –作業療法士, 理学療法士, 言語聴覚士の比較−. 兵庫県作業療法士会機関紙, 7: 28-34, 2018. (原著論文・査読有り)
  • 田中寛之, 永田優馬, 石丸大貴, 西川 隆: 重度認知症者のための認知機能検査 –Cognitive Test for Severe Dementia, Severe Cognitive Impairment Rating Scale−. 老年精神医学雑誌, 29(11): 1175-1181, (2018). (総説・査読無)
  • 田中寛之, 永田優馬, 石丸大貴, 日垣一男, 西川 隆: ライフヒストリーカルテの導入が医療介護職員の患者・利用者理解度に与えた影響. 38(4): 405-415. (原著論文・査読有り)福原啓太, 小川泰弘, 森 泰祐, 田中寛之, 西川 隆: 統合失調症患者の声による情動表出能力について. 大阪府作業療法ジャーナル, in press. (短報・査読有り)
  • 石丸大貴, 田中寛之: 地域で継続して生活するために 認知症高齢者の睡眠, 生活リズムに対する評価と介入. 作業療法ジャーナル, 53(11): 1148-1152, 2019. (総説・査読無し)
  • 石丸大貴, 田中寛之, 永田優馬, 西川 隆: 認知症におけるengagement評価尺度; 日本語版Menorah Park Engagement Scaleの臨床的有用性の検討. 老年精神医学雑誌,(2020). 印刷中. (調査報告・査読有り)
  • 永田優馬, 田中寛之, 石丸大貴, 西川 隆: 重度認知症者のためのQoL尺度 (Quality of Life in Late Stage Dementia 日本語版: QUALID-J)の因子構造に関する研究. 老年精神医学雑誌, (2020). 印刷中. (原著論文・査読有り)
  • 田中寛之, 永田優馬, 石丸大貴, 高本雄太: iPadを用いて余暇活動の獲得を図った長期入院中の広範脊柱管狭窄症の一症例. 作業療法ジャーナル, in press.
  • 田中寛之, 上野慶太, 浦川瑞穂, 内藤泰男, 石井良平: 精神科デイケアにおけるオンライン臨床実習の予備的取り組み. リハビリテーション教育研究, in press.